聴診器

腰椎椎間板ヘルニアを治療して健康LIFE|進化している治療内容

脳の癌を学ぼう

female

血圧が上昇します

脳腫瘍が発症すると、頭蓋骨という一定の空間に腫瘍が発生し大きくなっていくことになります。この脳腫瘍により他の脳実質が圧迫される現象を頭蓋内圧亢進症といいます。脳腫瘍が発症した場合、徐々にこの症状が進行していくため、患者が非常に関心を示します。頭蓋内圧亢進症の特徴は、血圧の上昇です。脳が少しずつ圧迫されると、脳の中の血管も少しずつ圧迫されることになります。この圧迫によって脳の血流に問題が生じ始めると、人間にとって脳が非常に重要な臓器であるため、体が脳に血液を送ろうとして血圧を上昇させます。血圧が上昇すると、他の疾患を合併するリスクが上昇します。例えば脳梗塞などがそれにあたり、この疾患の予防として血栓を予防する薬が処方されたりします。

良性と悪性があります

脳腫瘍は脳にできる癌のことです。脳には様々な部位があり、そのどこに癌ができるかで症状や治療方法が変わってきます。特に多いのは神経膠腫と髄膜腫で、神経膠腫はグリア細胞という神経を栄養したり支えたりする細胞が癌化することで発症します。比較的悪性が多く、発症率が一番高い脳腫瘍です。髄膜腫は、髄膜にできる癌で、比較的良性の多い腫瘍です。髄膜とは脳の膜である硬膜、くも膜、軟膜を合わせた総称です。脳腫瘍の治療は早期では外科的なアプローチが一般的です。しかし、悪性の場合には、手術だけの根治は難しく、同時に放射線療法や抗がん剤による化学療法が行われます。放射線療法では、ガンマナイフという治療方法がよく行われ、ガンマ線を応用して目的の癌細胞を狙い撃ちにすることができます。

Copyright © 2016 腰椎椎間板ヘルニアを治療して健康LIFE|進化している治療内容 All Rights Reserved.