聴診器

腰椎椎間板ヘルニアを治療して健康LIFE|進化している治療内容

治りにくいがんの代表

male

早期発見が困難

すい臓がんはすい臓にできる悪性腫瘍です。すい臓は胃の後ろにある細長い臓器で消化液であるすい液を分泌することと、血糖値を調整するインスリンなどを分泌する役割があります。すい臓の中を網の目のように走る細いすい管があり、がんの大部分はここに発生します。すい臓がんは初期症状がほとんど無く、発見の難しいがんであり、消化器官にできるがんとしては最も治りにくいがんです。すい臓がんの患者が自覚症状を訴えて受診するころにはすでに進行がんになってしまっていることが多いためです。患者が自覚症状として最初に訴えるのは、胃や背中のあたりの重苦しさや食欲不振、体重減少などで、これらは他の消化器官の疾病に共通する症状であり、それだけに鑑別診断が難しいのです。

リスクの高い病気を予防

すい臓がんの原因はまだ明らかになっていませんが、慢性すい炎や糖尿病を患っている人はすい臓がんにかかりやすい傾向があります。慢性すい炎の半分以上はアルコールの過剰摂取によるものです。すい臓に繰り返し炎症が起きているうちに、その部分ががん化しやすくなるものと考えられます。また、慢性すい炎があると内分泌機能も退化するため、糖尿病にもなりやすくなります。すい臓がんを予防するためには、アルコールを控え慢性すい炎や糖尿病にならないことが大切です。肥満もすい臓がんにかかる危険度をあげますし、喫煙もそうです。糖尿病、肥満、アルコールの過剰摂取などはすべてつながっているところがありますから、どこかから改善していくことが大切です。すい臓がんが見つかった場合、治療の第一選択は外科手術です。しかし、発見の段階ですでに完治が難しい進行がんになっているケースもすくなくありません。そのため一番重要なのは、定期的ながん検診と早期発見です。医療機関に定期的に通い、がんがないか確認してもらいましょう。

Copyright © 2016 腰椎椎間板ヘルニアを治療して健康LIFE|進化している治療内容 All Rights Reserved.