聴診器

腰椎椎間板ヘルニアを治療して健康LIFE|進化している治療内容

血管の流れが強くなります

自然

脳内出血の恐れがあります

脳にはさまざまな血管が張り巡らされています。通常、動脈から流れてきた血液は毛細血管に細分化され、脳へ栄養素を運んでいきます。その後静脈を通じて心臓へ血液を運んでいきます。この一連の流れができない病気が脳動静脈奇形です。先天性の疾患の場合が多く、動脈から毛細血管を経由せずに静脈へ繋がっている症状になっています。静脈は通常動脈に比べ、10分の1程度の圧力で流れています。脳動静脈奇形の場合、動脈から直接静脈に繋がることで過度な圧が掛かり、血管が傷ついたり破れてしまうことがあります。特に動脈と静脈の間の結合部分は外壁が弱く、破れやすい場所になっています。これにより脳内出血が引き起こしやすい状態になります。

てんかん発作に注意しよう

脳動静脈奇形になると、脳内出血と共に言語障害や視野障害、感覚麻痺が起こります。全体的な身体症状として頭痛や吐き気を発症します。くも膜下出血と共に脳動静脈奇形が発症すると強い頭痛や意識障害、てんかん発作が起こり、注意が必要です。発症したら無理に動かさず、抗てんかん薬を投与して神経を落ち着かせた後、動静脈奇形部分を摘出します。部位により摘出が難しい場合、放射線治療を並行して行います。脳動静脈奇形での出血は再発する可能性が比較的低く、奇形部位を持っていても出血の可能性が低いと経過観察を行う場合があります。脳内出血を発症する病気の中でも高血圧性脳内出血と比べると、20代から30代と若年層に発症率が高くなっています。日頃の生活習慣を見直し予防することも大切です。

Copyright © 2016 腰椎椎間板ヘルニアを治療して健康LIFE|進化している治療内容 All Rights Reserved.